既婚の出会い
 

もぐりの不動産や

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産売買 住み替えの契約

現在の所有不動産を売却して、新しい不動産を購入するような場合、現在の不動産売却資金をもって

購入代金にあてがう事を想定していた場合、どのような購入方法になるのでしょうか?

その際、以下のような事が心配されます。

①売却の契約を先にするのか?購入の契約を先にするのか?

②もし、現在の不動産が売却できなければ、絶対に購入の契約ができないのか?

③購入の契約をしても、現在の不動産売却資金が準備できなければ、契約の債務不履行になってしまうのか?

などなど。

心配は多々ありますが、そんな例はいくらでもあります。

契約書面に自分を守るための条文を追加し、先に売却の契約をしてもよし、購入の契約をしてもよし。

住宅ローンを利用する場合、不動産会社の作成する契約書や重要事項が必要になるので

必ず不動産会社を通す必要があります。自分で銀行に相談しても相手にされません。

多くの売却・購入の仲介実績のある不動産会社にまずは相談。

相談だけなら無料!!

確保するのは時間だけ。大事な不動産売買に時間を節約していたら、あとでトラブルのもとです。

本当に売却・購入の意思があるなら、相談第一!




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。